相続税Q&A① | 大森の税理士 ・ 三澤総合会計事務所 相談しやすさNO1
品川区大森の税理士・会計事務所 決算・申告お任せ下さい!
事務所のご案内

相続税Q&Aその1

【Q1】
相続税とはどんな税金ですか?

【A1】
亡くなった人(=被相続人)の遺産を相続すると発生する税金です。
ただし、すべての人に課税される税金ではありません。
被相続人の相続財産の総額が「基礎控除額」を上回った時に課税される税金です。


【Q2】
相続財産とはどのようなものが該当するのですか?

【A2】
相続財産とは現金、預貯金、有価証券、土地、建物、貴金属、車、家具、骨董品などが該当します。
相続税の計算の際には、被相続人の借入金や葬儀費用などは差し引いて計算します。


【Q3】
相続税が課税される場合は、相続税の申告と納税はどうすればいいのですか?

【A3】
相続税申告と納税については、被相続人が亡くなってから10ヶ月以内に税務署への申告と納税が必要です。
相続税は基本的に現金・預金で一括納付する必要がある税金です。
相続開始後(被相続人が亡くなってから)10ヶ月の間に現金を用意する必要があります。
相続が発生したら、なるべく早く手続きをすることをおすすめします。


【Q4】
納税までに何をしたらいいの?
【A4】
相続手続きには財産(遺産)の調査に始まり、財産の評価額の計算、相続人全員の確認、等々法的書類の収集と申告書等の書類作成が必要です。
自分で申告する事も可能ではありますが、その為には多くの知識と膨大な労力が必要になります。
税理士は税金のプロフェッショナルですので、是非ご相談ください。  

【大森の税理士なら 三澤総合会計事務所】

contact_btn_3


サイトマップ
2014 Copyright© 品川区の税理士、会計事務所、経営計画 All Rights Reserved.