相続税Q&A② | 大森の税理士 ・ 三澤総合会計事務所 相談しやすさNO1
品川区大森の税理士・会計事務所 決算・申告お任せ下さい!
事務所のご案内

相続税Q&Aその2

【Q1】
相続人とは?

【A1】
民法に詳しく書かれていますが、一般的に該当するのは被相続人の配偶者と子供となります(『法定相続人』といいます)。


【Q2】
法定相続人は、必ず相続しなくてはいけないの?

【A2】
法定相続人も相続の放棄が可能です。
また、相続人のなかに未成年者や認知症の方がいる場合は家庭裁判所での手続きが必要となります。
この家庭裁判所での手続きには数ヶ月単位での時間が必要です。
手続きの複雑さや時間がかかる事も考慮して早めに行動することをおすすめします。
この手続きに関しても税理士がお手伝いする事が可能です。
時間と手間のかかる手続きを、プロである税理士がお手伝いします。


【Q3】
今話題になっている『遺言書』とはなんですか?

【A3】
『遺言書』とは、被相続人(故人)が生前に「自分の財産を誰に相続(遺贈を含む)するか」を書き表した書類です。
遺言書には、遺言書としての効力を認められる為の「決まり」が存在します。公正証書で作成することをおすすめします。
税理士は税金のプロフェッショナルであり、相続税に関しての専門でもあります。
お悩みの際にはぜひ税理にご相談ください。

【大森の税理士なら 三澤総合会計事務所】

contact_btn_3


サイトマップ
2014 Copyright© 品川区の税理士、会計事務所、経営計画 All Rights Reserved.